脳を刺激してボケ防止しよう【大切な思い出を忘れない為に】

ボケない工夫をしよう

シニア

忘れない工夫をする

加齢によってもボケは少しずつ進行すると考えられていますが、ちょっとした工夫を取り入れることで防止が可能です。ボケ防止に有効なものは色々とありますが、食生活と簡単な体操が実践しやすく始めやすいと言われています。まず食生活でのポイントとしては糖質を減らして腹八分目が基本となり、野菜から食するようにしてごはんを減らすことが理想です。週に2回は青魚を食べるようにして、加えて野菜と果物をバランスよく摂取します。またボケの原因は運動不足から引き起こされるので、簡単な体操を取り入れることがとても効果的です。感覚に対する刺激が減ることで脳の機能を低下し、もの忘れなどのボケへと発展します。そこでボケ防止のために、散歩することや指先を使うなど同時に様々な刺激を加えましょう。

刺激不足にならないために

バリバリ働いていた現役世代から定年などで家にいることが増える老後を迎えると、どうしても脳に送られる刺激が不足してしまいます。話しをする相手や指示語中心の会話がさらに刺激不足を助長させると考えられます。そこで、軽い運動を兼ねて散歩する習慣を作りましょう。外に出れば衣類などにも注意しますし、すれ違う人と挨拶を交わすだけでも脳に刺激が送られます。例えばさらなる刺激を求めるなら、歩きながら簡単な引き算をしてみるのがボケ防止におすすめです。好きな数字を頭に浮かべて、そこから7引き算していきます。歩くという動作の途中で計算することは脳にしっかりと刺激が届くので気になるボケ防止にも効果が期待できるので運動習慣を継続させましょう。

手

血管が目立つ理由

加齢や遺伝、生活習慣などが原因とされている症状がハンドベインです。ハンドベインは、手の甲や腕の血管が浮き出てくる症状です。専門のクリニックの治療を受けて治すことも可能ですが、食生活を改善したり、適度な運動を行なうといった方法でも治せます。食事でバランスよく栄養が摂取できない場合は、サプリメントなどを試してみるとよいでしょう。

サプリ

SODが注目される理由

活性酸素の除去を促してくれる酵素SODに代わる丹羽SOD様作用食品はとても人気があるため、購入する際は類似品に気をつける必要があります。SODは25歳から減少し始めるため、25歳以上から丹羽SODを摂り始めれば健康維持に役立ってくれます。

酢

壺の中でゆっくり発酵

疲労回復や血行促進に良いと、黒酢は大変人気があります。黒酢にはクエン酸が豊富に含まれているので、肩こりや神経痛を改善する効果があります。また、サプリなどの健康食品だけでなく調理用の酢として利用されています。